メイクでそばかすを隠す

メイクでそばかすを隠す

 

 基礎化粧品やエステ、皮膚科などでそばかすを消すことはできるとしても、その効果はすぐに得られるわけではないのが実情です。
 肌の奥に沈着したメラニン色素を排出するにはそれなりに時間がかかるので、それまではそばかすが肌に残っています。
 ですので、効果が出るまでの期間はメイクでごまかす、というのもそばかす対策の一つになります。


目立たなくしよう

 メイクで隠すというとコンシーラーでしっかり消して、さらにファンデーションを重ねるという方法を思い浮かべるかもしれませんね。
 もちろんこの方法は、そばかすを隠すのにはもっとも有効なのですが、その代わり化粧が厚くなってしまうために老けて見えたり、肌に負担をかけたりしてしまいます。
 そばかすは、しみと違って肌全体に薄く散らばっているので、完璧に隠すというより目立たなくして透明感を出した方がナチュラルで綺麗に仕上がります。
 ですのでそばかすを隠すメイク方法としては、コンシーラーだけではなくコントロールカラーなども使って自然に仕上げましょう。

具体的な方法

 まずは全体的にコントロールカラーを塗ってくすみを取り、ファンデーションを薄くのばして優しく叩き込み、そばかすの部分はピンポイントで重ね塗りします。
 次にパールが入ったコンシーラーを、顔の影になっている部分に塗ってトーンアップします。
 同じくパールの入ったフェイスパウダーを全体に薄く叩き、最後にピンク系のチークを入れると、透明感がありながらもそばかすが目立たないメイクが完成します。