そばかすやしみを増やさない食生活と生活習慣

そばかすやしみを増やさない食生活と生活習慣

 

 遺伝が主な原因となるそばかすは、ちょっと紫外線を浴びたり洗顔やスキンケアのときの刺激などでもメラニン色素が出来やすいので注意が必要です。

 

 ですが、メラニン色素は食生活や生活習慣によっても生成されてしまうので、もともとそばかすがある人は今以上に増やさないように気をつけなくてはいけません。


食生活

 

 まず食生活では、肌細胞にダメージを与えてメラニンの生成を促進してしまう活性酸素を取り除いてくれる、抗酸化作用の高い食べ物を摂るようにしましょう。
活性酸素は紫外線や喫煙、睡眠不足などで過剰に生成されてしまいます。
 これを放っておくと、肌細胞が攻撃されてメラニンが作られたり、ターンオーバーが乱れてしまい色素沈着を起こしやすくなりそばかすが増えたり濃くなる原因になります。
 抗酸化作用というのは活性酸素を除去する働きをしてくれるので、色の濃い緑黄色野菜ナッツ類ベリー類などを積極的に食べるようにしてください。

 

また肌機能を強化するビタミン類もメラニンの排出や生成を防ぐ効果があるので、野菜や果物は必ず食生活に取り入れるようにしましょう。

生活習慣

 

生活習慣では、とにかく大事なのが睡眠です。
夜の10時から翌2時にかけては、肌のダメージを修復する成長ホルモンが分泌されます。
この時間帯にしっかり睡眠をとっていないと、昼間に受けたダメージを回復することができません。

 

睡眠が不足することもターンオーバーが乱れるので色素沈着を悪化させますが、それ以上に成長ホルモンの分泌を阻害しないようにすることもそばかすには重要なので、夜は早めに寝る生活習慣を心がけてください。