そばかすができやすい人とできにくい人

そばかすができやすい人とできにくい人

 

 そばかすというのは遺伝によって出来ることが多いので、こういった点からみると親にそばかすがある人はできやすいと言えます。
 ただし遺伝だけが原因ではありませんから、いくら親族にそばかすのある人がいないといってもできやすい人もいます。
それは簡単に言ってしまうと色白の人です。


紫外線による刺激

 色が白いということは、それだけもともとのメラニン色素が少ないので、外部からの刺激に弱いとも言えます。
そのため、ちょっと紫外線を浴びたり刺激を受けるだけで、すぐにメラニン色素が作られてしまいます。
 逆に肌の色が濃い人は全体的にメラニン色素が定着しているので、刺激を受けてももともとあるメラニンが働いて、余計なメラニン色素を作り出しません。
 欧米人など白色人種はそばかすの人が多く、アジア系の黄色人種にはそばかすの人が少ないのは、このように肌が本来持っているメラニン色素の量に違いがあるからなのですね。
 ですので、黄色人種である日本人は本来であればそばかすができにくいはずなのですが、食生活やライフスタイルの変化で肌が白い人が増えているので、そばかすに悩む人も多くなっているのです。

血流の悪さも原因に…

 血流が悪い人もそばかすができやすい人と言えます。
 血流が悪いと新陳代謝が低下してしまうために、ターンオーバーが乱れてしまいます。余分に作られたメラニン色素はターンオーバーによって角質層まで押し上げられ、やがて剥がれ落ちていきます。
 ですがターンオーバーが乱れるとメラニンが排出されにくくなるため、そばかすとなって残ってしまいます。
 逆に血流がよくターンオーバーがスムーズに行われている人は、メラニンが排出されやすいのでそがかすができにくい人と言えるのですね。